ここでは、Facial X を実行するにあたってのちょっとしたコツやヒントを掲載していきます。

[ワンポイント]

液が画像になじまない

液が画像になかなか溶けこまず違和感を感じる場合、以下の手順で設定をおためしください。

精液設定の変更

精液設定を以下の値に変更します。これはほとんどの画像でもそれなりの効果が得られる設定です。

発射タブ

http://lxgtools.tmemo.jp/fcx/webhelp/html/eki_syasei.html

発射速度 極速
液の量 多い
発射色 極薄

滴りタブ

http://lxgtools.tmemo.jp/fcx/webhelp/html/eki_sitatari.html

滴り速度 速い
滴り色 極薄
液の跡 残す

色フィルタで色味調整

次に、画像タブの「色フィルタ」で画像の色濃度を調整します。
濃度調整を行いながら何度か射精してみて、最適な色濃度に設定ください。

http://lxgtools.tmemo.jp/fcx/webhelp/html/play_tyousei.html

画像が明るすぎる場合

R,G,B を 左端に持っていき、色フィルタ濃度を調整します。

画像が暗すぎる場合

R,G,B を 右端に持っていき、色フィルタ濃度を調整します。

液の大きさ調整

「液のイメージ」の [変更] ボタンを押して精液の色味、ピクセルの大きさを調整します。小さい画像でない限り、4x4 , 5x5 , 6x6 のいずれかがに符号するはずです。

http://lxgtools.tmemo.jp/fcx/webhelp/html/eki_image.html


ここまでの調整で、およそ「なじむ」画像になるかと思います。

次のステップとして「意味の編集」および変更した「精液設定」をお好みのモノに変えていくことをオススメします。

変更方法の詳細は、マニュアルでも解説しています。ぜひご参照ください!

http://lxgtools.tmemo.jp/fcx/webhelp/index.html


Powered by rNote 0.9.7.5